不動産売却

不動産売却査定君

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一戸建てやマンション等を売る場合、売却経費がかかることに驚く人も少なくありません。仲介業者などを使って売買したとすると、仲介手数料が発生します。

 

もし家が3000万円で売れたとしたら103万円を不動産業者に対して支払います。また、登記関連業務を司法書士に依頼する料金や印紙代は必須ですし、測量費が必要な場合もあります。

 

 

 

つまり売値というものは諸経費等を勘案した上で決めるべきです。
家を売却するにあたっては専門家の立ち会いのもとで売買契約を結ぶため、売る側は複数の書類を準備しておかなければいけません。
不動産の登記済権利書、あるいは登記識別情報のほか、毎年4月頃に届く固定資産税納税通知書は、不動産を売却する際にはかならず必要になります。それに、物件の内容や所有者の状況によって、用意する書類というのは違ってきます。不動産会社の方からあらかじめ提出書類については説明があるはずですから、たとえ時間を作ってでも早めに用意しておくと、手続きはスピーディーに終わります。

 

やろうと思えば個人でも家を売れないわけではありませんが、危険な考えだと思います。

 

取引に伴う契約、登記、法律といった専門知識は本やネットだけで身につくものではありませんし、真似事で挑戦すると計算違いや訴訟などの問題も出てくるでしょう。手数料はけして安いものではないものの、ストレスのない取引をするためには不動産業者、司法書士といった専門家に委ねるべきです。しかしどうしても自力でという希望があれば、自分で家を売ることは法律上禁止されていませんから、可能です。

 

住んでいた家を売る場合、売手がしておくべきポイントをきちんと抑えておくと家を高く売れる可能性があります。違いがもっとも出るのは修繕作業でしょう。築浅の物件でも居住者がいれば、家全体や水まわりなどの劣化は避けられません。
丁寧にチェックし、修繕箇所を見つけて直しておきましょう。修繕の傍らしておきたいのが清掃です。日常的に使用する場所はもちろん、使わない部分もしっかり掃除し、邪魔なものは処分しておくと家がスッキリします。
たかだか小手先の作業と思われるかもしれませんが、これらの作業が丁寧に使われた家という印象を買い手に与えるのです。マンションや戸建を売る際に必要な経費といえば、仲介業者への手数料や登記費用(主に抵当権抹消)、契約書や領収書に貼付する印紙税などがかかります。

 

 

 

けして安くないのが不動産売買というものですし、支払わなくてはいけない仲介手数料も相応の額になるでしょう。

 

 

 

業者に委託せず自分で売ると、仲介手数料の分、儲けが減らずに済むのですが、高額な取引ですから危うき橋は渡らずで、ここはやはり専門家に頼るべきでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・イエウール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンション・家・土地などの大切な不動産を優良な不動産会社に一括査定できるサイト

 

 

 

 

 

簡単60 秒で不動産の無料一括査定が可能

 

 

 

 

 

全国1400 社以上の厳選された不動産会社の中から

 

 

 

 

 

最大6 社と比較できる査定サービス

 

 

 

 

 

 

 

 

イエウール 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://ieul.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

査定の手順

 

 

@査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力 (約1分)

 

 

A一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届き比較ができる

 

 

B査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・イエイ

 

 

 

 

 

 

 

日本最大級の不動産売却専門マッチングサイト

 

 

 

 

国内主要大手はもちろんのこと、地元密着の有力不動産会社など

 

 

 

 

厳選1000社から選んで査定価格の比較ができる

 

 

 

 

 

専門知識を持った専任スタッフが常駐・スムーズに不動産の売却ができるよう

 

 

 

 

 

中立的な立場から万全のサポート

 

 

 

 

 

 

 

イエイ 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

https://sell.yeay.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・マイスミEX

 

 

 

 

 

 

 

 

全国の不動産会社からそのエリアの売却査定に強い会社に最大6社まとめて査定依頼

 

 

 

 

不動産会社によって得意としている物件や、相場の見込みが違うため

 

 

 

 

査定額を比較すると、1,000万円以上も見積もり結果に差が出る場合もあり

 

 

 

 

不動産を高く売るための一括査定比較・査定依頼は簡単1分登録

 

 

 

 

 

 

 

 

マイスミEX 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://www.mysumi.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般の木造住宅の場合、耐用年数は国税庁の定めるところによると20年(木骨モルタル)から22年(木造)で、30年ほどで建て替えとなるケースが多いです。

 

そのような実績値が影響して、すでに30年以上経過した家を売ろうとしても、まだ住める状態でも建物には値がつかないとか、せいぜい100万以下と見積もられるケースが少なくないです。

 

 

もし売ることになっても、正味土地代だけと考えられるため、土地(上物あり)といった売却方法もありえます。
ちょっとした豆知識ですけれども、土地や建物の評価を見積りに来る不動産会社の善し悪しを判定する目安に、不動産の免許番号があります。パンフレットや名刺に免許番号が載っていない業者は、営業に必要な免許を取得していない、いわゆる無免許業者かもしれません。

 

 

国土交通大臣や都道府県知事の名の次にあるカッコつきの数字が更新回数を示し、かっこ内の数字が大きいと長く営業していることになります。でも、例えば大阪府で実績のある老舗が他県に営業所を設置する際は、カッコ内の数字が1になるため、カッコ内の数字が1や2だから宅建営業歴が浅いと決めつけるのは間違いです。

 

いざ不動産査定を受けようと思っても、どれくらいの業者から受ければいいのかと悩んでしまう方も多いでしょう。
難しい問題ですが、最低でも三社には依頼を出してください。ある程度、相場を把握しておかないと、提示された査定額が、相場より高いのか低いのか知らずに業者にお願いしてしまって、後から相場を知って悔やむ可能性もあります。かといって、業者が多すぎても絞り込むのが困難になるので、とりあえず、三社程度が最適なのではないでしょうか。

 

 

多くの不動産会社では物件売買の仲介としての立場を取りますが、会社次第では、物件の買取を行っています。

 

 

その方法は、買取業務を行っている不動産業者に、売却したい物件の査定を依頼して、査定額に問題なければ、買取してもらいます。

 

仲介での売却を選んだ場合、買い取ってくれる第三者を探す時間が必要ですが、業者に買い取ってもらえば、契約がスピーディーで、すぐに売ることができます。

 

大抵は、不動産の任意売却の話を耳にすると、そのメリットのみがピックアップされがちです。
でも、デメリットがあることも忘れてはいけません。競売などの強制売却方式ではなく、あくまで任意で売却を行うので、手間と労力がかかってしまうのは否めません。

 

関係機関との手続きや交渉といった面倒な手順に加えて、希望者の内覧に対して立ち会いの必要が生まれるなど、相当な手間と負担がのしかかることになります。

 

 

 

さらには、これだけの労力を払ったとしても、絶対に売れるとは限りません。

 

一戸建ての売却を自力で行う人以外は、仲介した不動産業者に仲介手数料を支払うことになります。仲介手数料は、売買価格の3.24パーセントに64800円を足した額が上限と決まっているため、売買時の価格の概算を出すことができればおおよその額を計算することができます。ただ、仲介ではなく、不動産業者自身の買い取りとなるのなら、仲介手数料はいりません。さらに、所有権移転登記にあたっての諸費用は基本的には買い手が支払います。
特別の理由があって早々に物件の処分を希望しているなら、二つの選択肢が考えられます。

 

 

 

まず不動産業者にそのまま買い上げてもらう方法がひとつ、でなければ、市場価格より割安な金額設定にしてスピード売買を狙うやり方です。どちらにせよ、売却額は平均をかなり下回るわけですから割り切りも必要ですし、綿密な計算も必要です。

 

 

 

まだローンを完済していない家を売却するなら、売却云々の前に完済していなければなりません。全額なんて到底無理という場合は、債権者である銀行などと交渉を行い、任意売却を認めてもらうようにします。
個人で任意売却の手続きをするのは容易ではありませんので、住宅の任意売却を扱う業者や弁護士等の力を借り、効率的に手続きしてもらうほうが安心です。

 

 

なるべく高値で戸建住宅を売却したいけれど方法が見つからない時には、インターネット上にある不動産の一括査定サービスがお勧めです。

 

 

何社かの査定を比較し、もっとも信頼できる業者を選び出すのです。それから内覧者を迎える際は、将来の買い手になるかもしれないのですからさわやかで清潔感のある家という印象を与えられるよう日頃から掃除、整理を心がけ、使わないものは処分し、スペースに余裕をもたせる工夫が必要です。何が値切りに結びつくか分かりませんから、そうした要素をなるべく排除することで、相場以上の高値で売却できる可能性も高まります。まだ昭和だった頃に購入した建売住宅などかなりの築年数の家を売却する際でも、最近はリノベ目的で探している人もいるので、昔より売却が可能になってきました。
それに古くても広い家の場合はルームシェアリングに適しているというので敢えて希望する買い主が増えているのも事実です。
売却前に住居の建物検査を受けるなどして、蟻害、深いヒビ割れ、沈みなどの問題がないのがハッキリしていれば、売却交渉も有利に進むでしょう。

 

最初に定めた期間内に売れなかった場合、物件を業者が買い取るという条件をつけたものが、不動産業者の買取保証システムです。

 

 

先に業者による買取額を決めておくため、金銭的にも保証されているわけですが、市場価格より金額的に劣るという欠点はあります。
呼び方は同じでも業者によって条件は微妙に変わりますし、売り主の要望で付けられるオプションなので、付けるかどうかは慎重に考えた上で付加するようにしましょう。
不動産の査定に興味があるけれど、一括査定サイトを実際に使ったことのない人の中には、個人情報が伝わってしまってしまうのではないかと心配している方も多いと思います。こうした時は、入力項目の携帯電話番号だけを入力することをおススメします。もし悪質な勧誘の電話がかかってきたら、着信拒否に登録してしまえばいいのです。直接話すわけではないので、何回も断る手間が省けます。
どれだけ高額の査定結果を出していても、強引に契約させようとするような不動産業者は、利用しないように注意できますし、売却を考えている物件の相場も分かるので、まずは勇気をもって使ってみましょう。

 

 

 

不動産会社が査定額を算出するために行う査定方法には、簡易査定と訪問査定の二種類がありますが、査定結果が決定するまでに必要な時間はどちらが長いと思いますか。簡易査定の場合、30分から1時間で結果が算出されます。

 

一方で、訪問査定にかかる時間ですが、実際に物件を見て回るのは長くても1時間かからないでしょう。
とはいえ、役所や関係省庁のもつ資料に対しても査定の範囲を広げるため、1日では終わらないことを理解して、ゆとりを持った計画を立てることをおススメします。

 

目にする機会は少ないですが、不動産査定ソフトというものがあります。

 

 

 

延べ面積、築年数、方角などの複数の条件を設定すると、ソフト内に所収の路線価や財産評価基準など様々な数字から不動産価格を機械的に計算してくれるアプリケーションのことです。最近は簡易なフリーソフトだけでなく有償版もあるようです。

 

 

 

一般に公開されているデータの集積値ですから、実際に専門家が見て判断した評価額とは違っていて当然ですが、物件の価値を客観的に見ることができるので、役に立ったという人もいます。普通、不動産査定書というと、物件情報以外にも、電気、ガス、水道のデータや排水設備が十分かどうかや土地相場、公示価格などの事細かな情報が集められている書類のことを指します。

 

不動産業者などが見積もりを出す場合は、不動産査定書類をベースにして価格を決めています。この書類は、不動産会社に作成してもらうことが一般的ですが、資格を持っている専門家に不動産鑑定評価書の作成をしてもらうことも問題ありません。所有していたマンションを売ったら、税金がかかることがあるのです。
いわゆる譲渡所得税というものです。購入時の代金と比較して高額な値段で売ることができた時、その利益分にかかってくる税金が譲渡所得税ということになります。
でも、譲渡所得税というのは、自宅を売った際の特別控除などがありますから、直前まで暮らしていたマンションを売却したら、譲渡所得税が発生しないことが大半です。悪質な営業の被害を考えると当然かもしれませんが、個人情報を知られずに不動産物件がいくらになるのか査定してほしいという人も多く、不動産の一括査定が匿名でもできるサイトを使う人も珍しくありません。
利用者が増えているワケは、しつこい営業や宣伝を受ける可能性が低く、信頼できない会社に詳細な個人情報を渡さなくて済むからだと言えるでしょう。ですが、匿名でできる一括査定サイトの査定結果は、簡易査定の結果となっていることがほとんどです。
ですから、査定結果をそのまま信じ込むのは危険です。不動産の評価見積りをしてもらったあとに、その業者から再三再四、売却に関して連絡が来て対処に困るという話も聞きます。
柔らかい口調につい断れなかったり、名の知れた会社だからまあいいかなどと、充分に検討しないうちに一社目と契約してしまうこともあるようです。けれども、もしその時点で納得できなければ、固辞すべきです。

 

 

 

一つの家に対し多くの会社が営業をかけるのですから、選ばれない会社があるのは当たり前。遠慮することはありません。
一軒家を手離す時に起こるトラブルの中で頻繁なのは、自分が選んだ不動産業者と専任媒介の契約を結んだにも関わらず、関係ないところで買い手と巡りあって、不動産業者に相談することなく、売買契約まで完了してしまうなどというケースです。この場合は、専任媒介契約をしていた業者に物件の宣伝のために使用したお金や仲介手数料と同等の額の違約金を支払うようにいわれても仕方がないでしょう。

 

 

一般媒介を選んでいれば、不動産業者の仲介以外で買ってくれる人を見つけても、何の問題もありませんし、不動産業者に文句をいわれることもないのです。

 

 

ただし、一般媒介契約だと一生懸命に買手を探してくれないこともあります。不動産査定を行う場合、複数の不動産会社で低い査定額から高い査定額まで幅が出るのはなぜなのでしょうか。
それというのも、それぞれの会社で異なる売買のノウハウがあり、その会社独自の査定基準をポイントにして見積もりを出しているからです。ですから、不動産物件の査定を会社にお願いする際には、一社ではなく、何社もの不動産会社に査定を依頼することをおススメします。

 

 

売却を考えている物件がマンションならば、不動産会社が査定で重視するのは以下の二つの条件に関する項目です。

 

 

まずは、地理的条件です。
具体的には周辺の環境や利便性の高さ、交通アクセスのしやすさや景観といったマンションがある場所に対する査定になります。さて、もう一方がマンション自体に対する評価です。
一般的には、築年数はもちろん、間取り、設備、階層、共有スペースの状態、あるいは騒音問題や電車などによる振動、部屋の日当たりや方角、セキュリティーに問題が無いかといったところがポイントになります。

 

このような、詳細な基準をもって正式な査定額が算出されています。簡単に不動産鑑定と不動産査定の違いについて説明します。細かな違いもありますが、なにより、信頼性が違います。不動産鑑定は公的機関でも有効なものとなっています。

 

査定の基準になるのは類似物件の販売価格や過去の販売実績により算出された、いくらぐらいで売れるかという参考価格程度として見るのが正しいです。反対に、鑑定評価とは資格を取得したプロの不動産鑑定士が行います。

 

査定とは異なり、あらゆるポイントから対象の不動産物件を調査し、経済価値を算出するものです。
そのため、不動産鑑定評価はその物件がどれだけの価値を持つものなのか、法的に証明したことになります。
家の売却にはまず、いくらで売れるのか、相場を調べます。
価格を知る為に有効なのは不動産業者に調査を依頼します。
依頼するとどういった方法で査定されるのかは、机上査定とも言われる「簡易査定」と「訪問査定」の二通りです。実際に売却物件を見ずに周辺や過去の事例から価格を割り出す査定方法が簡易査定(机上査定)です。いくつかの業者にまとめて依頼できるので便利です。

 

一方、訪問調査では現地で建物の状況などを確認し、役所調査が必要になるので数日かかります。

 

 

信用性の高い価格が提示される為、本格的に売却を考えるなら訪問査定の方が良いでしょう。
一般的に、不動産の査定は土地の価格相場や、それまでの売却事例を参考に総合的な判断がされています。
もちろん、どの不動産会社も行う査定ポイントのほかにも、会社によっても詳細なチェックポイントが変わるので、提示される査定金額が異なるのです。業者は、どうしてその査定額になったのかという根拠を公開する責任があると宅建業法が定めています。

 

査定額を見て不思議に思ったことなどは積極的に質問し、疑問を解消しておくことをおススメします。
土地家屋等の不動産物件の売却を仲介業者に依頼したいときは、幾つかの業者に査定させ、手応えを感じる会社を選びます。

 

 

続いて売り出し価格を決め、業者と媒介契約書を交わします。

 

 

 

契約で多いのは専任と専属専任の2つで、一般媒介契約は珍しいです。
レインズ(不動産仲介ネットワーク)の登録義務や業務報告義務の有無といった差がかなりあり、あとで変更は効きませんから慎重に選んでください。

 

 

やがて買い手がついたら売買を仲介する業者の立ち会いのもとで売買の契約を締結し、代金と物件の引渡しをもって取り引きは終了します。どの不動産仲介業者を選べばいいのか迷っている方も多いと思います。おススメの選び方としては、ネットの一括査定サイトを使います。

 

複数の業者から結果が送られてきたら、良さそうだと感じたところに現地査定をお願いしましょう。

 

 

 

具体的な査定額の内訳や、分からない点などを質問した時、納得できる答えをくれる業者であれば、信用できると思います。

 

どれだけ査定額が高くても、受け答えに誠実さを感じられなかったり、強引に契約させようとするところはおススメできません。

 

満足のいく価格でマンションを売りたいなら、売却予定物件をなるべく多くの仲介業者に見積もってもらい、市場価値をきちんと把握しておくことが大事です。充分な知識もないまま話を進めていくと、買手や業者にいいようにあしらわれ、損をする可能性も高いのです。

 

それから査定をしてもらう際に、業者の説明や態度などを観察していくと、担当者との相性や会社の営業力なども確認もできます。しっかり様子を見るつもりで査定に臨みましょう。

 

近いうちに不動産の査定を受けようと計画している方に向けて、売却の流れをご説明します。まず、物件を査定してもらいましょう。

 

訪問査定は査定の精度が高いです。
こうして出された売却予想価格で良ければ、次のステップです。
会社が広告を出すので、購入希望者が出るまで待ちましょう。けれど、買手が現れないと、値下げ交渉に入ったり、最終的に買手が決まるまで数か月かかることがあります。
無事に購入希望者が出れば、支払い手続きに進み、売却完了です。
このような流れを頭に入れておくと、計画が立てやすいと思います。一般的に、不動産物件の売却をする時には、高い査定を出す業者と契約したいものだと思います。同じ査定方法でも、業者が違えば査定結果が数百万円違うということもよくあるのです。そのため、十分に業者選びの時間を取れるか否かが最も重要なポイントなのです。こうした場合、ぜひ使っていただきたいのが一括査定です。

 

 

一度の依頼で多数の業者に査定してもらうことができるので、数ある業者の中でも高い見積もりを出してくれた仲介業者を知れますし、物件の相場も分かるのでおススメです。

 

 

物件が売れるまで待つのか、それとも、先にやってしまうのか、今住んでいる家が一軒家、または、マンションであっても、自分に合わせた引越しのタイミングを選ぶことをお勧めします。

 

 

新居探しをする際に、家を売ってから探し始めると、検討に時間をかけられるかもしれません。逆に、家は売れたのに次の家が決まっていないと、おそらく新居を決めきれず、仮住まいを探すことになります。
先に引っ越す場合には引越しの手間を削減することが出来ますが、売却ができるかわからないまま、新居契約用の資金を払えるようにしておかなくてはなりません。